清楚な人妻がフェラマニアの淫乱婦人に豹変するセックス経験記

人妻とのセックスが綴られたPCMAX書き込みだ。清楚な人妻が愛撫の最中にチェンジが入って、狂ったようにフェラを始める、というのがいわば妙にリアルでエロいですよね。その人妻が加来千賀子似というので、心底最高のお彼女ですよねぇ。
【PCMAX書き込み・49年ダディー(鹿児島県内)】
身はクライマックスで絶えずエロダイアリーを書いていたんですが、そのエロダイアリーを見てメールしてきてくれた女性がいました。エロダイアリーばかり出稿してるから、ダイアリーがきっかけでの出会いなんて必要弱いだろうなと、思ってました。メールをくれた母親のプロフを見てみると、アバターすら無いしヒミツばかりでわけすらブランクだったので、これは一番冷やかしか店頭だろうと思いました。それで最初は無視しようと思ってたんだけど、ひとりでに何度かメールするうちにズルズルと巡り合う保証を通じてしまったんです。そうして半信半疑という心持ちでランデブーの大柄究極モータープールへ行きました。巨漢が来たりドブスが来たりしたら逃げようとしてました。そうすると淡いピンク色の可愛らしい軽が隣席に停まったんだ。そうしてその軽から、色白で細身、加来千賀子に模様が通じる綺麗な女性が降りてきました。ここは究極だからクライアントだろとしてたら、補佐シートの窓をコンコンとノックされました。おや!本気!?心底?41年で身長は160㎝で、乳房はCカップ。とにかく脚がカワイイでした。そこまで願望はしていなかっただけに、必ず有難い誤算でした。そうしてもっぱら近くの古びたラブホに行きました。旅館のルームに入って直ちに気持ちよくキス。胸に秘訣を当てただけで主人は嘆息を漏らした。いよいよその時点でちん○は一所懸命勃起ペース。入ったラブホはどうにも古くて、決断はかなりシューターだったんです。二人で思い出深いね~~と感激しながら笑ってしまいましたよ。今でもシューターってあるんですねぇ。そうしてソファでキス。舌を絡ませると、アアンと身悶えてもう最近まれに見極めるほどの一所懸命勃起。もう一度根気できなかったのでこのままソファーでやっちゃいたかったけど、おじさんおやじの僕は恐らく臭いからどうしても我慢してお風呂へ。お湯をハリに風呂へ行ってみると、想像した以上にとても狭い。二人で入ると相当手狭みたい。浴槽でネトネトしてハメハメするのがお気に入りだけど安心かな。ソファーでしばらくお話をする。課題をゆったり聞いてみると、お子さんが両者いるらしい。夫は長年出張が多くて、セックスレスペースが見えるらしき。普段は絶対に言わないようなことまで何かと話してくれた。極めて話し込んですので、気が付いたらお風呂が溢れてるっ!流石に二人で入るとキツかったけど、背後からとっくにツンと立った乳首を両手でクリクリするとアアン、アアンと悶えている。右で乳首をクリクリしながら左を少しずつ下へ。既にヌルヌルだった。クリをクリクリするとビクッとしてきつく悶え始めた。すでに入れたく入れたくて振る舞いなかったけどここは我慢する。ボディを拭き合い、ハミガキを通じて現にベッドへ。上がって来た主人が「再び暗くしてよろしい?」と聞いてきたので、「ストップ」と答える。「くんの良い裸を敢然と見たいから」などと言いながら唇を積み重ねる。熱い嘆息と僕悶えるボディ。お碗タイプの綺麗なミルクが本当に愛らしい。ピンと立った乳首を口に含んで舌を滅ぼすとアアンとボディを仰け反らして感じている。ダブルのミルクを揉みながら、へそにかけて舌を這わせて赴き、ゆっくりと潤ったアソコへ。淫靡な匂いを解き放つアソコは今や渦ペース。大きくなる喘ぎ本音にフィットして身のおちんちんも根気汁でヌルヌルになっている。ピンク色に染まったクリを舌や唇で手厚く愛撫する。どっさり溢れてくる情愛液。更にキスをしながら主人の秘訣をおちんちんにいざなうと、狂ったようにフェラをし始めた。ここには少し感嘆。清楚さの中の淫乱。ずばり理想の女房です。体勢を変えて69に。バックに見廻り、背中に舌や這わせ、両ミルクを揉みしだくと入れてほしいという応対。気付かないぶりを通じて後ろからクリを刺激すると「お願い、二度と入れて」と懇願された。身がベットに仰向けになると、誠に手慣れたコンディションで口を使ってゴムを着けてきた。ここには心底驚く。ひょっとして、風俗の経験があるのかな? ありのまま騎乗程度から座程度、後背程度、スムーズ程度、まんじ切り崩しに騎乗後背程度と何度も体勢を変えて挿入する。主人は何回イッタのかもう思い付かくらいです。「なるほど気持ちいい!気持ち良いよ~!」と連呼していた。ただ身は流石に再び若々しくないし、一回イッたらすでにストップみたいだ。以後、二人で風呂に入ってボディを洗いっこした。そうしてお茶を呑みながら、また巡り合う保証を通じてこういう古びたラブホを出た。待ち合わせた場所に送り届けながら少し気になったのが、主人の面持に陰りが見える現象。何か濃い面倒があるのかも知れない。けれども、そういった関係で深入りは出来ないし、してはいけないという。「まずはまたね!」と秘訣を振った時にその陰りがどんどん激しくなった気がした。とってもまた巡り会えるのだろうか。PCMAXほどのサイトでも使用方法は重要です